■ 4into1 Owner’s Club in 奥飛騨@2010 ■



-----伝説の【カラオケ地獄ツー】第2弾-----


日時   5月15日(土)・16日(日)

行き先  奥飛騨(御母衣ダム)

参加者  たぁさん:キャブ調整がうまくいって絶好調!

     papさん:車検後初ツー

     キムさん:日本全国を走り回ってタイヤが心配?

     まこ:OH後・レデュサー装着し絶好調!







週間天気予報がころころ変わり、雨が心配されていたのですが、最終的には2日間とも晴天となる予報!
そんなこともあってか、中央道はすでに渋滞!(ゴールデンウィーク明けの週なのに・・・)
集合場所の藤野PA7:00にはみんな遅刻
まこ:10分前
たぁさん:5分遅れ
papさん:10分遅れ
キムさん:なんと30分遅れ

予定より時間が過ぎているにもかかわらず慌てることなく、7:45いよいよ出発〜!
渋滞中の中央道も山梨県に入るころからだんだん空いてきて双葉SAにて給油&休憩
これまた、遅れていても、諏訪ICで降りて、ビーナスラインをグルングルン





霧ケ峰高原にて休憩
キム号から工具が・・・チェーン調整
寒さに負けてカッパを着るたぁさんとpapさん
カッパを持っていかなかったまこはひたすらガマン!(山をなめていました・・・)






30分遅れの11:00に松本ICにて上州チームと合流し






158号を寒さを噛み締めながら、安房トンネルを抜けて奥飛騨へ。







赤かぶの里にて昼食
飛騨牛メンチカツ(まいう〜)と飛騨ラーメン(麺の腰が砕けていて、いまいち)






昼食後、高山市内を抜けて、ひたすら158号を軽快に走り、待ち合わせ場所の「道の駅 桜の郷 荘川」へ到着!(なんとか集合時間の14:30に間に合った!)
ここで名古屋チームと関西チームと解郎さんと合流!
しばしの談笑後、記念撮影をして出発〜!






156号に入ってからマッキーさんとpekeさんのバトルが展開?され、宿泊予定の●●●旅館を通り過ぎて白川郷へ
白川郷を高台から望む展望台でも記念撮影、156号を戻って●●●旅館に無事到着〜! (既に到着していた上州のあんちゃんチームは、出来上がっていました・・・)






夕食までの時間を利用して、道の駅飛騨白山にある天然温泉まで宿のマイクロバスで送迎してもらい、ひとっ風呂!
風呂上りの缶ビールを飲み、宿に戻ると宴会の始まりで〜す!
 (もちろんドーピングのウコンは飲みました。)






山間の旅館らしく、山菜中心の料理で、とってもまいう〜!
また、飛騨牛の産地が近いため飛騨牛のさしみも抜群でした。







しばしの時間が過ぎ、飲食が進んだころ「地獄のカラオケツー」のはじまり、はじまり〜!








日頃のストレスを発散させるかのようにみんなで歌いまくりです。 (あの解郎さんまでも歌ちゃいました・・・・)







ストレスの発散がすんだせいか、途中で脱落して寝ちゃう人が出てきましたので、22:30ぐらいに「地獄のカラオケツー」は終了し、2次会の始まりです。







2次会に参加しなかったので詳しい話は解りませんが、関西会長とH脂の漫談が2:30ぐらいまで続いたそうです・・・








翌朝、体調の悪そうな人もいましたが、元気だったたぁさんと解郎さんとまこの3人は山菜ウォッチングへ出発〜!(たらの芽、山うど、わらび等をGET)








朝食では、この地方ならではの、ほお葉味噌が出て、思わずご飯のお代わりしてしまうくらいのうまさでした。







朝食後、身支度を済ませて、宿の前で記念撮影後、2日目の出発〜!
宿を通じてお願いした、休日のガソリンスタンドを開けてもらい、みんなで給油
なんとここでデレスケ発覚!
H脂のCBRのリアタイヤがパンク!
(噂によれば、ネタ提供の為、自分で仕込んだらしい?)
まこの持っていたパンク修理キットを使い、ちゃちゃっと修理完了!かと思ったら、完全に穴が塞がらないようで空気が漏れてくる。
宿の前にタイヤが有ったことに気付き、修理をお願いすることに・・・
ぷっちゅんさんを残し、他のみんなは、菅沼合掌造り集落へ出発!
 (2日目も予定時間が遅れて行動開始)







菅沼合掌造り集落は、白川郷より小さい集落ですが、合掌造りの家が間近で見られます。 (パンク修理が終わった、H脂とぷっちゅんさんをここで待つことに)
帰路を確認する為に地図を広げたら、とんでもなく遠いところに来ている事に気付きビックリ!
とはいっても、帰らなければいけないので、北陸道経由上信越道で帰るか、来たルート(東海北陸道)で帰るかを検討した結果、
上州チームと一緒に来たルート(東海北陸道)で帰ることに決定!
パンク修理の為、分かれていたH脂とぷっちゅんさんとも無事合流でき、東海北陸道五箇山ICで名古屋チームと関西チームにまた会えることを約束して出発!
荘川ICまでの2区間ですが、ほとんどがトンネルの一車線で、寝てしまいそうでした。
荘川ICから高山市までは、トンネルも少なく、快適に進み12:00を過ぎたため、昼食&給油をすることに・・・






昨日食べた麺の腰が砕けた飛騨ラーメンのリベンジをするために飛騨高山板蔵ラーメンへ行きましたが、満席で入れず断念!
しかし、しばらく走ると明郷そばの看板がありそこへ入ることに・・・
みんな大盛りの蕎麦を注文して、ペロリとたいらげて満足〜!
行きに寄った赤かぶの里で休憩(お土産購入)後、安房トンネルを抜けて渋滞にイラつきながら松本ICに到着。

ここで上州チームともまた会えることを約束して出発。
双葉SAにて給油&休憩をして、いつもの渋滞を抜けながら、藤野PAにて休憩
ここでpapさんとバイバイして、また渋滞の中を進み首都高へ
いつものように、たぁさん・キムさん・まこの3人は一緒に首都高の料金所を通り過ぎるが、
なぜか?新宿の分岐路ではキムさんとバイバイできません。 今回もそうでした。
順調に首都高を進み、7:20自宅へ無事到着!走行距離約900km
デレスケもなく(関西チームはあったけど)、楽しいツーでした。
みなさんお疲れ様でした。
また行こうね!






















ツーリングレポートのトップへ


EOM