■ 2018年4月1日 CB400FOUR OWNERS CLUB 房総半島ツーリングング ■


参加者:そのさん・DSさん・haseさん・たぁ (総勢4名)




今年一発目のツーリングへ行って来ました。







東関道湾岸幕張PA集合は8:30。
出発前にDSさんがウチに寄り、チョイと用足ししていたらキャブからオーバーフロー発覚でプチ修理したんですが、集合場所に到着前なので、デレスケにはカウントされません♪(ワハハー)

でもオーバーフローしたガソリンがスポンジ製エアフィルターにたっぷりと浸み込んでましたので、バックファイヤー一発で車両火災確実って感じでした(怖)








そんなDSさんと一緒に天ぷらそば朝食。
いつもはもれなく入れちゃう生卵を控えてみたら、そういう日に限っておつゆがしょっぺくて、生卵入れれば良かった・・・・














ちなみにご当地モンのこんなヤツも。
美味しそうだけど、高いなぁ・・・・

僕の中では850円でボッタクリラーメン、900円超えるとブッタクリラーメンと呼ぶことにしてるんす♪(ワハハー)












そのさんとhaseさんが到着。












しかし本日参加予定のよん様が来ません。
電話かけてみると、ナント集合場所を行き過ぎて、遥か彼方まで行っちゃった(らしいよ)

それでは途中合流しましょうって事で、出発。
今日も一日安全運転で参りましょう♪





東関道を順調に走行中、何かガシャガシャッ!と音が聞こえたと思ったら・・・・
DSさんが僕のテールランプ脱落デレスケを教えてくれました・・・
あぅ・・・・








市原の田園風景に入るとこいらへんです。










東関道〜館山道市原IC〜R297裏街道で牛久のとしまや弁当でいっぷく、ここで迷子のよん様を待ちます。
僕のテールランプは脱落でこの通り、本日のデレスケ一号っす♪(ワハハー)













肝心なよん様はと言えば、どうやら完全に迷子になってしまったらしく、本日のツーリング合流は断念し、帰る事になりました。
うーん、非常に残念ではありますが、出鼻をくじかれゲンが悪いと思ったら、無理して断行しないのも一つの手であります。
また次回ご一緒しましょう。












牛久から県道81清澄養老ラインでクネクネ行き、高滝湖の畔のコンビニでいっぷく。











ここでその号のヨシムラステッカー剥がれデレスケ♪
出発前に少し剥がれかかってましたが、やはりそのさん、やってくれますな!

















さらに清澄養老ラインをクネクネ行き、養老渓谷駅〜七里川温泉を経て、いつもの道端でいっぷく。











自販機も何にも無いところなんですが、ここは僕のお気に入りの場所なんす♪

あ、DS号2018ヴァージョンはライトルビーレッドっす♪









カジカガエルが良い声で鳴いてたんですが、動画を撮り始めたら鳴き止んで・・・・











ランチタイムにはまだ余裕があるので、R124へ出たら右折し、鴨川の海辺でいっぷく。







鴨川市街の渋滞をチンタラ抜けたら県道24を右折、先頭の僕がランチのお店を見落とし、大分通り過ぎてから引き返す事に。
スミマセンでした!






つーことで、鮮魚池田さんに到着。
人気店なので少し待ちましたが、丁度お昼にご入店となりました。











オーダーは全員揃って金目鯛煮付け定食。
そのさんとDSさんはご飯普普通盛り、僕とhaseさんはご飯大盛りっす♪ すげぇ量!











haseさんのごはん、マンガめし!(ワハハー)












立派な金目鯛!












なんとかマンガめしを平らげて、超満腹でごちそうさま。
まだまだお客の行列が途絶えませんねー。





そこから県道24鴨川有料道路をのんびり(速度取り締まりしてるので要注意ね!)流し・・・・










ナンチャラPAでいっぷく。










僕はここでちょっちゅるキャブ調整♪








さらに県道92房総スカイラインをグルングルン行って、君津ICから館山道。
房総スカイライン、旧料金所を過ぎた所の交差点を右折したけど、直進した方が流れが良かったかもね!








館山道〜京葉道路をしゅしゅっと流し、幕張PAにていっぷく。







ここで解散となりました。










今回はゆっくり集合して早く解散、ライトなツーリングでした。

本日の走行距離225km

無事故無違反2デレスケ(たぁテールレンズ脱落・そのさんヨシムラステッカー脱落)






往路


復路



また行きましょう。












ツーリングレポートのトップへ


EOM