むせび泣く様な金属音。
 どこか懐かしげなその音に振り返る。
 ある日、街角で目撃してしまったフォア。
 遠い記憶の中に仕舞われていた筈のフォア。
 当時買う事が出来なかったフォアを
 羨望の眼差しで憧れた。
 土曜の深夜、遠くの国道から切れ切れに
 聞こえてきた、あの排気音。
 フォアだけが奏でる、切なげなあの排気音。
 今では幻になってしまったあの頃の記憶
 だったのに。
 今なら手に入れられるのか・・・・
な〜んておじさんが遂に買っちゃったフォア。
よーし、おじさんはこれで「風になる」のだ!
古い車両だから、購入後いざ街を走り出すと
次々にあちこち壊れてくるのが普通です。
まあ、壊れないまでも、要調整というところが
出てきます。
一つ直せばまたどこか違うところがという
具合に、次々不調になります。
そういうところを一通り整備なり修理して、
持てる力を十分に発揮できるまでには費用も
掛かります。 そうこうして本当の実力を獲
得した愛車フォアですが、これがまた悲しい
ほどに低性能なんですな。
<
<  当時から飛び抜けた性能を持っていたわけでも
 ないですから。
 高性能な現代のバイクの味を知ってしまって
 からでは尚更、この低性能ぶりが我慢できなく
 なるのが普通です。
 このバイクに関して、賛辞ばかりを並べたがる
 人もいますが、これが現実です。
 夢の様な高性能は有り得ませんね。
 「風になる」のは結構大変だったりします。
 当たり前にノントラブルでフォアを楽しむ為に
 はこんな覚悟が要ります。
 しかし性能だけが愛着に比例するものではない
 と言うのも事実です。
フォアというバイクの魅力はズバリこの辺にあ
りそうです。
覚悟を決めてしまった人達のためのクラブが
CB400FOUR OWNERS CLUBなのです。
ノーマルの良さを味わい尽くすも良し、
イジリ倒してより元気に走るもまた良し。
トラブルを克服することもまた楽し。
フォアと過ごす時間を楽しく共有したい、
そんな人達の憩いの場でありたいと、
我らがクラブは考えます。
<


- top page -